2009年11月03日

染色 3

染色は生物学や医学のさまざまな分野で幅広く利用されている。組織学や病理学の分野では、特定の童貞に伴って起きる、組織や細胞の形態的な変化を観察したり、疾患の指標となる酵素やタンパク質の発現を確認するときなどに染色が用いられ人妻の診断などにも応用されている。微生物学の分野では、グラム染色などの染色法が、細菌の同定や形態観察に用いられている。
posted by 山田ああああ at 10:55| 染色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。